最近イライラがとまらない!心を安定させるのに必要な栄養素は?

食と健康

 

30代 しほ

最近イライラしがちなんです。

心穏やかに生活したいんだけど、なかなか自己コントロールができません。

イライラしてるなって思った時は、深呼吸したり、休みの日に気分転換したり気を付けているんだけど…。

人にあたってしまった日なんて自己嫌悪に陥ってしまって。

 

 

管理栄養士 康子

それはツライですね。

その悩み、もしかしたら食事で変えられるかもしれませんよ。

たしかに、大きく呼吸をしたり、気分転換は大切ですが、

心と体はつながっているので、体に不調があると心にも影響を及ぼしてしまうのです。

 

30代 しほ
食事で心も左右されるんですねー!

 

管理栄養士 康子

そうなんです。

さっそく、疲れた心には何の栄養素が必要なのかを紹介していきますね!

スポンサーリンク

 

イライラするなら血糖値を安定させよ!

stevepb / Pixabay

管理栄養士 康子
血糖値が乱高下することにより、イライラしたり不安などの精神症状がでやすくなってしまいます。

食べる物はもちろん、食べ方に気をつけて、なるべく血糖値を急激に上げてしまわないように気を付けましょう。

血糖値を安定する食事に関しては下の記事を読んでみてください

30代 しほ
イライラした時に、チョコレートなどの甘いものを食べるとイライラがおさまる気がするんだけど。
管理栄養士 康子
それは一時的な対処法ですよ。血糖値を急激に上げることによって、気分が上がるんです。

でも、急激に上げると急激に気分も下がってしまうので、長期的にイライラしない為には日ごろから血糖値を急激に上げないことが大切なんです。

イライラするなら鉄分を摂取せよ!

心を安定させるのに1番必要な栄養素はです!

幸せホルモンと言われる、セロトニンをご存知ですか?

神経伝達物質であるセロトニンは、精神を安定させて、ストレスを軽減してくれることで知られています。

このセロトニンを作るのに必須の栄養素が鉄なんですよ。

また、鉄はセロトニンを作るだけでなく、エネルギーを作る上でも必須の栄養素といえるのです。

 

鉄不足になる人の特徴

・炭水化物の食事が中心で、鉄分が豊富に含まれている肉類や魚を食べることが少ない。

・出産経験あり

・生理による出血が多い

・スポーツをよくする

 

鉄不足の人の症状

・氷やあめなど固いものがかみたくなる

・爪がやわらかい、割れやすい

・アザができやすい

・すぐに動悸、息切れする

・めまい、立ちくらみがある

・イライラする

 

健康診断で問題がなくても実際に鉄欠乏している人がいるんです!

 

健康診断では「ヘモグロビン値」をみるんですね。

ヘモグロビンは血液中に酸素を運ぶ役割があり、吸収された鉄はここに流れてきます。

貧血を見抜くには「フェリチン」にも注目する必要があるんですよ。

フェリチンは貯蔵されている鉄のことをさします。

管理栄養士 康子
かくれ鉄欠乏の人はモグロビンは足りているけど、フェリチンが足りていない人のことなんです。

合わせてよんでみてください

 

 

イライラするならビタミンB群を摂取せよ!

silviarita / Pixabay

三大栄養素である、炭水化物・脂質・タンパク質をいくらとってもビタミンB群を摂らなければ上手にエネルギーとして活用できません。

ビタミンB群はエネルギー産生するのに必須の栄養素なのです。

 

ビタミンB群の心に直結する作用

・ナイアシン(ビタミンB3):精神疾患の栄養療法で注目されています!

・パントテン酸(ビタミンB5):副腎疲労を回復する作用から「抗ストレス作用」があると言われています!

・ビタミンB6:不足するとうつ状態になることも!

 

スポンサーリンク

イライラするならタンパク質を摂取せよ!

タンパク質は筋肉や骨を作るイメージが強いと思いますが、

実はそれだけではないんです!

・酵素

・ホルモン

・コレステロール

これらもタンパク質からできています。

 

タンパク質が不足してしまうと、栄養素を消化吸収する力が弱まってしまうのです。

特にコレステロールが不足すると、うつ状態になったり、衝動的になってしまいます。

管理栄養士 康子
幸せホルモンである、セロトニンもタンパク質でできているんですよ!

 

タンパク質不足の人の症状

・肌のはりつやがない

・疲れやすい

・炭水化物が中心の食事で、肉・魚・卵などをあまり食べない

・ストレスがたまっている

 

イライラするなら腸内環境を整えよ!

derneuemann / Pixabay

ストレスに強い体にするには腸内環境を整える必要があります。

もしも、腸管に炎症が起きていたら、血糖値の調節ができなかったり、鉄を意識して食事をしても上手に吸収できなくなるのです。

また、幸せホルモンであるセロトニンは90%は腸管で作られており、心を健康に保つために腸内環境を整えるのは必須だといえます。

 

合わせて読んでみてください

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・食事の食べ方に注意して血糖値を安定させる

・炭水化物中心の食事ではなく、肉・魚・卵などのタンパク質もしっかり摂るように意識する

・腸内環境が整っているか、便の状態も気にしておく

 

管理栄養士 康子

イライラしてしまうと、判断力が欠けてしまったり、集中力が落ちてしまったりと、仕事のパフォーマンスも落ちてしまいますよね。

日々の食事は心の健康の為にも大切な役割をもっています。疲れている時こそ、体をいたわってあげてくださいね。

30代 しほ
ついお腹を満たすために、炭水化物に手を伸ばしがちですが、タンパク質も意識して食べる様にしてみます!
スポンサーリンク