運動不足改善! ひざ裏のばし あなたも小さな奇跡の体験者に

介護と福祉

2019年9月「明治安田生命保険」による、健康に関するアンケート調査が発表されました。

これは20歳〜79歳の男女 約5600人に調査されたものです。その中で

健康寿命(健康で日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間)

の理想は「平均81.5歳」なのに対して、厚生労働省がまとめた

実際の健康寿命は「平均74.8歳」だと言います。

つまり、健康寿命の理想と現実に「6.7歳の差」がある事がわかったと言う事です。

 

さらに健康のために「食生活を意識している人は4人に3人」いたのに対し

運動・スポーツを日常的に行っていない人は3人に2人」であったと言います。

<明治安田生命「健康」に関するアンケート>

 

食生活を意識する」という事は、

人間は何もしなくてもお腹は空くので、食べたい、食べなくてはならない

それなら食生活に気をつけよう!と意識が傾きやすいものなのかもしれません。

しかし、「運動を日常的に行う」というのは、今ある生活の中に取り入れなくてはなりません。

その為、難しいという方が多いのではないかと感じます。

アンケートの結果でも、理由の1位は「忙しくて時間がない

だったそうです。

 

では「運動」を生活の中に取り入れるにどうしていけばいいのでしょうか?

 

今回は、それを考える一つの材料に見ていただければと思っています。

 

こんな方にオススメ
  • 最近運動不足だと感じている方
  • 運動不足による危険を知りたい方
  • 日常的に運動を取り入れたいと考えている方
  • 山口県宇部市 かわむらクリニック 川村 明医院長が気になる方
  • ひざ裏のばし ボール&タオルに興味がある方
スポンサーリンク

 

運動不足による危険

運動不足の弊害は大きいです。

  • 体力の低下
  • 筋力の低下
  • 免疫力の低下
  • 生活習慣病発症リスクの増大
  • 精神面での意欲減退
  • 死亡リスクの増大

などが有名で良く聞かれる内容ですね。

 

ではなぜ運動を日常的にはできないの?

 

先ほども少し触れましたが、明治安田生命「健康」に関するアンケートの

運動・スポーツを日常的に行っていない人」の理由の多い順位が次の通りです。

 

 

 

  1. 忙しくて時間がない
  2. 特に理由はない
  3. 何をどのようにやったらよいかわからない
  4. 一緒に運動・スポーツができる仲間がいない
  5. 経済的に余裕がないから

 

 

 

自分の体験から想像してみても「そうそう」「確かにね」とうなずきたくなる内容です。

この内容から

1.「手軽」  2.「簡単にできる」  3.「効果が高い」

運動があれば生活の一部としても取り入れ、習慣としやすいのではないか

と考えて私も取り入れたものがあるんです。

 

それではソレについて触れさせてください。

 

ひざ裏のばし ボール&タオル ひざ裏を無理なくのばす魔法のツール!!

それがコレ

ひざ裏のばし ボール&タオルひざ裏を無理なくのばす魔法のツール!!

といわれるものです。

ひざ裏をのばす」と言う事に特化された

サポート商品のようなものでしょうか。

「のばす、ってそれ運動じゃなくてストレッチやろ!」

と言う声が聞こえてきそうですが汗。

すいません。

 

しかしこの手軽さと効果によって

 

  • もう少し運動してみようかな」
  • 「なんか体が軽くなってきた」
  • 「こんな事にもチャレンジしてみよう」

 

 

を生み出せるものではないかと思うのです。

 

 

このボール&タオルは、東洋医学にお詳しい川村明先生と

鍼灸師の妻・庸子先生が共同開発されました。

ダ・ヴィンチニュースより 川村先生

 

川村先生のプロフィールは次のように紹介されています。

  • かわむらクリニック院長
  • 高知生まれ
  • 土佐高校徳島大学医学部卒業
  • 医学博士
  • 日本東洋医学会専門医
  • 障がい者スポーツドクター
  • 日本医師会健康スポーツドクター
  • J-YOG公認インストラクター
  • 宇部スポーツコミッション人材バンク登録

 

たくさんの経歴をお持ちですね。36歳で山口県宇部市に開業。

「ヨガジャーナルpresents Yoga people Award 2019 」で

ヨガカルチャーを広めるために貢献した男性に贈られる「ベスト・オブ・ヨギ

にも受賞されておられます。

 

「ひざ裏のばし」は、2018年12月14日、テレ部番組「金スマ」に出演後

大反響!となりました。

肩こり腰痛高血圧など体の不調は「ひざ裏のばし」で全て解決!

指導を受けたい読者様の声にお応えされ、東京での出張講演実演会も開催されています。

先生のヨガを取り入れた「ひざ裏のばし」が

介護予防などの広い分野で効果を上げているそうです。

 

先生自身も34歳の時に、腰椎椎間板ヘルニアで手術を受けられ、

それまでの外科医のキャリアを捨てらます。

そして、東洋医学と西洋医学の両方を取り入れた医療を目指され

36歳で開業されました。

しかし先生自身も腰痛やうつ病、アトピーや大腸ポリープなど

などに悩んでおられたのですが、55歳でヨガに出会って、

体が柔らかくなっていくにつれ、改善されたとの事です!

医療とヨガの知識と経験から、ヨガインストラクター

の資格も取られ、「AKヨガ」を創設。

10代〜90代までの幅広い方達にヨガを広め

かわむらヨガメゾッド」として医療や介護予防運動に取り入れ

日本の寝たきりゼロ」「PPKピンピンコロリ」を目指して活動されておられます。

 

 

先生は「ひざ裏をのばし、もっと健康になってほしい」という願いを込めて

お子様から高齢の方まで使えるように考案されました。

気軽に楽しく、ストレッチでき、ツボも刺激され

運動効果を高めてくれます!

 

5秒からでもOK!  <ひざ裏をのばす事で奇跡の若返りを実感!!>

さらに、ボール&タオルってこんな感じのものです。

 

 

どんど〜ん、どんど〜ん

 

ひざは、「歩く」「走る」「座る」など足の動きの起点、しかし

年齢と共に硬くなり動きが悪くなる部分でもあるという事。

これは運動から遠ざかっている殆どの方が、

実体験として感じている事ではないでしょうか?

そしてひざが悪くなると、

連鎖反応のように腰が曲がり、背中が丸くなり

全身の筋肉が緩んでしまいます

 

「猫背」・「円背」の原因がコレで、

股関節や足首、足の裏の働きなどとも大きく関わってしまうとも言われています。

 

しかし、逆に「ひざ裏をのばす」事を始める事で

股関節痛が軽くなる、足腰が元気になる、内臓の働きや脳までが元気になる

という事を川村医師は話されています。

 

同じ姿勢をキープし、じっくりと筋肉を伸ばす方法は「スタティックストレッチ

といわれます。「静的ストレッチ」なんていったりします。

この要素を含む「ひざ裏のばし ボール&タオル」運動もこれに当たりますね。

 

では、効果をまとめるとこのようになります!

 

 

ひざ裏のばし ボール&タオルの効果!
  • ひざ裏が伸びて柔軟性を高め股関節や足腰が元気になる(猫背や円背を防げる)
  • 内臓や脳の働きまでが改善される
  • 血行が良くなり、肩こり・腰痛・高血圧が改善・疲れや体のだるさを改善する
  • 手軽さと効果からもっと運動がしたくなる!というメンタル面の改善!!

 

なんて効果が期待できるものです。

 

さらにボール&タオルでひざ裏を中心にのばす事をサポートしていく事で、

こんな声が聞かれたとようです!

ひざ裏のばし ボール&タオル でこんな声が!
  • 姿勢が良くなり見た目すっきり
  • 「やせた?」と聞かれた
  • 10歳若く見られます!
  • 腰痛が改善、血圧も正常値に
  • 歩くスピードが速くなった

すごい効果の数々ですね。

 

商品にはこんな方々も紹介されています。

楽天ブックス

この写真のインパクトといったら!!

と言う感じです。

83歳や84歳でこんなに若々しくいられるなんで素晴らしいと思います!

20代の方でも、ブリッジやってといわれても

こんなに綺麗にできるでしょうか!?

本当にすごい!!

 

スポンサーリンク

私が「ひざ裏のばし ボール&タオル」を使ってみて

私も身体がとても硬く、なんとか改善したいと思っていました。

身体の柔軟性が欲しい・・(心の柔軟性も欲しい・・)

 

身体が硬いと思うように使えないし、

少しした事で、筋を違えたり、こむら返りを起こしたり・・

年齢とともに感じる事が増えてきました。

20代や30代といっても、運動から遠ざかっていると

身体の不調は感じるものなんだと、しみじみと感じている頃でした。

 

そんな時に出会ったのがこの

ひざ裏のばし ボール&タオル

 

タオルは、材質も柔らかく、長さがもちょうどいいです。

またボールがタオルに入れ込める構造(真ん中と先端の2箇所)になっており、

 

ストレッチしながら「ツボツボのボール」によって

体を刺激できます。私は少し痛こそばゆい気分になります。

 

使用するごとにひざ裏をのばすためのタオル

だと言うのが良くわかります。僕が触れた中では、こんな構造で

使いやすい商品は初めてでした。

 

しかし、残念ですが運動からかなり遠ざかっていた方が、1日で

綺麗なブリッジができたり、前屈でベターっとついたりするわけでは

ありません。私もそうでした。

 

それでも、5秒からでもOKという言葉通り

これによって少しでも、日々の中に運動の要素を取り入れる事ができます。

その継続していく結果として、

綺麗な前屈ができるようになったり、ブリッジができる

ようになったりするのです。

2・3日ではできなかった私も

1週間〜2週間で出来るようになりました!!

今はもっともっと、精度を上げてもっともっと出来るようになりたいと

日々行なっているところです。

 

いつの間にか、「あっ、身体のばしたい!」と思い

頭で考えた数秒後には行動に移す事が出来るのです。

 

使いやすさ行動に導くエネルギーが備わった商品なのかなと

感じています。

 

同僚からも

身体なんか大きくなったね」「背筋綺麗になったよね

と言われるようになりました!

 

なんだかもう少しで自分の中の「小さな奇跡」が感じられそうです!

 

介護士 健太

今の暮らしの中に「運動」を少しでも取り入れる事で心も体も健康に。

ワクワクした毎日に出会えるかも!

 

 

まとめ

  • 運動不足は身体的・精神的にの健康機能の低下を引き起こしてしまう
  • ボール&タオルは身体の柔軟性だけでなく内臓も元気にしてしまう
  • 日常的に運動を取り組むのは難しい、継続はさらに難しいので工夫が必要
  • 一日5秒・5分や10分と区切ってやってみる事で気持ちもアップ・健康への第一歩!
  • 今までこんな事できなかったのに!小さな奇跡を実感!!ができるかも

 

 

スポンサーリンク