【世界が注目】赤ワインがもたらす効果について

食と健康

血管を強くするには

赤ワインがいい!

というのが世間に浸透してきました。

具体的にどんな効果があるのか?

知りたい方いませんか?

 

今回は

赤ワインがもたらす嬉しい効果

について紹介していきます!

スポンサーリンク

 赤ワインの効果・効能は?

平成29年の人体動態統計による日本の死因はこのようになりました。

平成29年「人体動態統計」により作成

 

死因

1位:悪性新生物

2位:心疾患

3位:脳血管疾患

上位3つで50%以上をこえていますね。

赤ワインに含まれるポリフェノールはこれら3大疾病の予防にも効果的なんです。

 

本当に良い食べ物5選にも赤ワインを紹介しています。

合わせて読んでください。

赤ワインに含まれるポリフェノール

動脈硬化を防ぐのに有効な成分として一番にあげられるのは

「ポリフェノール」

です。

ポリフェノールとは植物に含まれる色素や苦みなどの成分で数千種類存在します。

赤ワインには数多くのポリフェノールが豊富に含まれているのです。

その赤ワインに含まれるポリフェノールが

「動脈硬化を防作用にすぐれている!」

と研究でわかり、日本でも赤ワインがよく飲まれる

ようになったのです。

 

今回は赤ワインに含まれる5つのポリフェノールについて紹介します。

 

赤ワインに含まれる4つのポリフェノール

・タンニン

・ケルセチン

・アントシアニン

・レスべトロール

 

ファイトケミカルについての記事もあるので

合わせて読んでみてください。

タンニン

赤ワインには渋みがありますよね?

あれはポリフェノール類の一種であるタンニンが含まれているからなんです。

赤ワイン以外にもタンニンはコーヒーやお茶にも多くふくまれており、抗酸化作用や殺菌効果があります。

ケルセチン

ケルセチンは野菜ではタマネギやブロッコリーなどにも含まれているポリフェノールの一種です。

・抗酸化作用

・抗炎症作用

・降圧作用

・抗動脈硬化作用

などが報告されています!

高血圧や心疾患、脳血管疾患、高血糖の改善にもいい成分なんです!

 

アントシアニン

アントシアニンはブルーベリーなどの皮に含まれるポリフェノール類の一種です。

・抗酸化作用

・肝機能保護作用

・眼精疲労

などの作用があります。

中でも、目に関する効果にすぐれており、目の疲れ以外にも白内障や視力の改善、網膜剥離などにも効果的であるという報告があります。

レスベラトロール

レスベラトロールは植物が紫外線や病原菌から自分の体を守るために得たものです。

その自己防御するために得た成分であるレスベラトロールは人にも嬉しい効果をもたらしてくれます。

・抗酸化作用

・血管を保護する

・細胞を守る

などの効果があります。

特に「長寿をのばす」とも言われて赤ワインブームのきっかけともなったポリフェノールの一種です。

血管も細胞も若く保つことで、長寿をのばすといわれているんですね。

 

まとめ

・赤ワインは3大疾病の予防になる!

・赤ワインに含まれるポリフェノールがすごい!

・タンニン・ケルセチン・アントシアニン・レスベラトロール

が体を若く守ってくれる!

 

赤ワインは3大疾病以外にも、血糖値やコレステロール、血圧をも正常化してくれ、生活習慣病予防の強い味方でもあります!

赤ワイン健康法をはじめてみてはいかがでしょうか?

また、アルコールが苦手な方はデミグラスソースなど料理につかったり、ホットワインもおすすめです。

火にかけることで、0にはなりませんが、アルコールが飛ぶので飲みやすくなりますよ。

 

 

スポンサーリンク