旬の食べ物がいいのはなぜ?にお答えします!

食と健康

旬の食べ物がいいってよく聞きますよね。

でも一体何にいいのか…?

ほんとうにいいの?

 

管理栄養士 康子

今回は

・旬の食べ物にどんなパワーがあるのか?

について管理栄養士の私が紹介しますね。

どうぞよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

旬の食材って何がいいの?

旬の食材のメリットは3つあります!

 

旬の食材のメリット3つ
  • 鮮度が良い!
  • 安く手に入る!
  • 栄養価が高い!!

 

鮮度がいい!

旬の食材は、それ以外の時期に比べて「鮮度がいい」です。

「鮮度がいい」というのは、具体的には「香り」や「うま味」

が豊富だということです。

その為しっかりと食材の濃い味を感じられ、

調味料を加えすぎなくても、素材そのものの味を

感じることができるという事です。

塩や砂糖などを使いすぎなくてもいいということは、

自動的に健康にもつながりますよね。

 

安く手に入る

これは言わずもがな、というところですね。

旬であるがゆえに、手に入りやすい。

そして安くもあるなんて、

ほんとに凄い事だと思います。旬、バンザイですね。

 

栄養価が高い

栄養価に関していえば、

旬の時期とそうでない時期を比べると、

ほうれん草は11月~1月が旬であると言われています

11月~1月のほうれん草は、そうでない時期の

ほうれん草に比べ、1/3のビタミンCしか含んでいないので

す!!

衝撃ですよねー。

 

一般的な栄養成分の計算って基本的には

文部科学省がだしている「五訂増補日本食品標準成分表」

を基準として計算されているのですが、

以前、この「五訂増補日本食品標準成分表」を

作成している方の講習を受けたことがあるのですが、

時期によって栄養価が違うということを

数字として表すことが、

今後の課題であるとおっしゃっていました。

 

そうなんですよ。

あの、ファミレスやら、スーパーやらでだされている

栄養価の表示は旬である食材の栄養価を

考慮したものばかりではないのです。

 

旬の食材を摂ることで、

栄養表示されている以上の栄養素を摂取して

いる可能性もあるんです!

 

旬の宝庫!魚の缶詰!!

旬の物がいい食材である

というのは野菜の事ばかりではありません。

魚でもいえることなんです!

 

そして魚に関していえば、私のおすすめとしては「缶詰」。

実は魚の缶詰は旬の魚を缶詰にしているのです!

 

だからこそとっても栄養が豊富!!

魚の缶詰は栄養満点なんですね。

 

さらに缶詰にしているからこそ保存も長持ちするし、

旬の魚が缶詰だと年中食べれる!

という保存に対してのすごさもあるのです。

 

また、魚が古くなる要因が「酸化」

つまり酸素に触れさせることによって衰えさすってこと

なのですが、缶詰は新鮮な魚を酸素に触れさせずに

加工することで高い栄養価のまま

食卓に提供することができるんですよ。

骨ごと食べることでメリットも倍増です!

栄養の宝箱「缶詰」!

 

さらなる魚の缶詰に関するメリットを知りたい方は

この記事も合わせて読んでみてください!!

 

旬を食材を食べることは

いっぱいメリットがあるんですよー!

 

みなさんも頭の片隅にいれつつスーパーへ

買い物にいってみてくださいね。

まとめ

・鮮度が良い!

・安く手に入る!

・栄養価が高い!!

 

スポンサーリンク

おすすめ

 

スポンサーリンク