超高齢社会って?高齢者ってどういう事?|豆マメ貯健ぐらし|

介護と福祉

 

近年、日本は超高齢社会となっています。でも超高齢社会ってどういうことでしょうか?

スーパーシルバー・・・

おじいちゃん、おばあちゃんが空を飛んだり・・・。

という事で、よろしければ一緒に考えてみてください。

まずは現状を知ることが大切だと思います。

 

こんな方にオススメです

・超高齢社会が気になる方

・現在の日本の人口分布が知りたい方

・団塊の世代について知りたい方

 

スポンサーリンク

 

「高齢化社会」から「超高齢社会へ」

 

まずは用語について知らなくてはなりません。

高齢者とは、国際連合の世界保健機関(WHO)では「65歳以上の方」としています。

そして高齢者の方々の人口老年人口といいます。全人口に対してのこの老年人口が「超高齢社会」の鍵となっているのです。

 

この老年人口が全人口に対して

 

7%を超えると「高齢化社会」

14%を超えると「高齢社会」

21%を超えてくると「超高齢社会」

 

 

となるということです。これも国際連合の定義として決められたことのようです。

 

そしてここが肝心、我が国日本はというと

 

1970年には高齢化社会へと突入

1994年に高齢社会

・・・っえ、たった24年で。速すぎる!

2007年には超高齢社会を迎える

・・・リニアモーターカーか!!

 

 

とはなってないかもしれないですが、高齢化率の高い国、フランスやスウェーデン、アメリカ

など先進国の中でも、高齢化率が高い上に早いのが日本の国というわけだそうです。

 

ちなみに平成29(2017)年10月1日の内閣府の調査では

 

  • 総人口   1億2、671万人
  • 老年人口           3、515万人

(男性1、526万人  女性1,989万人)

  • 高齢化率  27、7%

 

だという事です。イメージとして、全員で4人だとしたら、1人以上は高齢者の方であるわけ

ですね。

 

 

表1-1-1 高齢化の現状
単位:万人(人口)、%(構成比)
平成29年10月1日
総数
人口
(万人)
総人口 12,671 6,166
(性比) 94.8
6,505
65歳以上人口 3,515 1,526
(性比) 76.7
1,989
65~74歳人口 1,767 843
(性比) 91.2
924
75歳以上人口 1,748 684
(性比) 64.2
1,065
15~64歳人口 7,596 3,841
(性比) 102.3
3,755
15歳未満人口 1,559 798
(性比) 104.9
761
構成比 総人口 100.0 100.0 100.0
65歳以上人口(高齢化率) 27.7 24.8 30.6
65~74歳人口 13.9 13.7 14.2
75歳以上人口 13.8 11.1 16.4
15~64歳人口 60.0 62.3 57.7
15歳未満人口 12.3 12.9 11.7
資料:総務省「人口推計」平成29年10月1日(確定値)
(注)「性比」は、女性人口100人に対する男性人口

引用元:内閣府 平成30年版高齢者白書  第1節 表1−1−1高齢化の現状

https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2018/html/gaiyou/s1_1.html

 

ちなみに、日本の法律では65歳〜74歳の方を「前期高齢者」75歳以上の方を「後期高齢者」

としています。

 

どうして日本の高齢化率は高いの?団塊の世代って?

 

それは団塊の世代について知る必要があります。

これが現代の日本の人口分布図です。

 

 

引用元:総務省統計局 日本の統計  第2章  4我が国の人口ピラミッド

http://www.stat.go.jp/data/nihon/g0402.html

 

すいません6年前とデータは古いんですが・・・。こんな感じ。

日本の人口分布は逆ひょうたん型と言われています。

 

2013年(平成25年)のものです。当時100歳の方は大正2年生まれ。

終戦直後の1946年に生まれた方は67歳のデータです。

 

データ当時の66歳〜64歳、第1次ベビブームと書かれた1947年~1949年(昭和22年~昭和24年)の3年間の時期

に生まれた方々、グラフがぐーんと伸びていますが、ここで生まれた方々を「団塊の世代」というわけですね。

令和元年、現在では72歳~70歳になられる方々です。

 

2017年の出生率は94万6060人だったのに対し、団塊の世代の方々の出生率は、いづれも260万人を上回っています。

ちょー大まかに3倍です。現代の大阪市の人口に匹敵するほどらしい。

大阪市を赤ちゃんの国にできたようです。

 

 

次にデータ当時の46歳〜49歳、第2次ベビーブームと書かれた1971年〜1974年(昭和46年〜昭和49年)

の4年間に生まれた方々を「団塊ジュニア世代」と言われます。

令和元年、現在には48歳〜45歳になられます。

 

 

 

1947年~1949年(昭和22年~昭和24年)の3年間の時期に生まれた方々を「団塊の世代」

1971年〜1974年(昭和46年〜昭和49年)の4年間に生まれた方々を「団塊ジュニア世代」

 

 

そして第3次ベビーブーム・・・は起きませんでした・・。

 

 

 

 

団塊ジュニアの方が結婚・出産のピークを迎えるはずだった1998年〜2006年の頃は前後の時期とさほど

変わりなかったそうです。理由は様々あるようで

 

  • 経済的な困窮
  • 非婚化
  • 晩婚化

 

などがあり「高齢化」と共に「少子化」までがより進んだようです。

 

 

団塊の世代という用語

 

作家・経済評論家の堺屋太一さんが昭和51年に刊行された小説「団塊の世代」

に由来しているそうです。

今年2月に亡くなられ、ニュースなどの報道でも訃報が伝えられていました。

堺屋太一さんは、

 

「年をとって最初に衰えるのが記憶力、次に体力。最後に残るのが想像力です。

高齢者に想像力を発揮してもらう場を提供し、自らが楽しむことで、世間に楽しみを広げることが

団塊の世代の最後の使命だとエールを送りたいです。」

 

と産経新聞のニュースで語っておられました。

 

引用元:amazon.co.jp  団塊の世代<新版>(文春文庫)

https://www.amazon.co.jp/団塊の世代-文春文庫-堺屋-太一/dp/4167193205

 

 

 

今の現状の中で・・

 

2025年問題という言葉を耳にしますが、これは「団塊の世代」の方々が後期高齢者に達する事で

介護や医療費などの社会保障費の急増が懸念されたり、2035年は「団塊ジュニア世代」が前期高齢者

となり介護現場は破綻の危機を迎えるとも言われています。

2025年まではあともう6年です。

また、最近でも世間に衝撃を与えた社会保障に関連したニュース、将来への不安を考えさせられる

ニュース報道は多くあったように思います。

 

・NEC、富士通、コカ・コーラなど45歳以上へ早期退職を募る!?

・トヨタ社長の「終身雇用守るの難しい」

・老後2000万円問題

・損保ジャパン 介護の子会社へ4000人配置転換

 

 

・・なんかとても重い感じになってしまいましたが・・・。すいません。

 

しかし私が感じたのは、そういった現状の中で、みんなが無関心じゃない世の中になると良いな

というお話です。

自分や両親、自分の大切な人が急に介護が必要になったら、現代はどんな制度があって

どこに相談に行ったら良いの?私たちはどうなりたくて、どうなりたいと思ってるの?

と考へを巡らせておく事が始まりだと考えました。

 

何より「高齢者」なんて定義されて失礼なっ!という思いも。

まだまだスーパーなおじいちゃんとおばあちゃんは、沢山おられると思いますし

人生の大先輩だと感じています。

 

もちろん考えてるだけでは何も変わりませんが、いまの介護をより良い暮らしとして変えようと

されてる方は多くおられます。微力ながら、私もその1人となりたいと思っています。

 

 

今回の私のまとめ

 

・超高齢社会の現状を知り無関心にならない

・現状で使用できる社会の制度を知る

・「自分」や「大切な人」が介護を必要となった時にとる行いとは

・「自分」や「大切な人」が迎えたい、迎えてほしい最期を知る

・1人ではなんともならないけど、人々で考えれば社会を動かせるかも・・・

 

 

スポンサーリンク