認知症の症状と治療法について|症状が現れた時の相談先は?

介護と福祉

 

認知症」という言葉が使われるようになったのは、2004年に日本で名称変更され

使用されるようになった言葉です。現在は2019年なので15年前ですね。

15年か〜。長いでしょうか?短いでしょうか?

dimentia」に対する日本の言葉で、それまでは「痴呆」とか「痴呆症

はたまた「ボケ」と言われていました。

 

痴呆症」という言葉ではなく「認知症」という言葉が使用されるに至った経緯として

・侮蔑感を感じさせる表現方法である事

・実態を正確には表現できていない事

・早期発見・早期診断など取り組みに支障が起きる事

などの理由が厚生労働省より発表されている。

 

介護が注目されている昨今、この「認知症」とはいかなるものなのでしょうか?

気になる方は是非お付き合いください。

 

こんな方にオススメ

 

・認知症の超基礎的知識の理解を深めたい

 

・認知症の方の日常生活の困難さを考えたい

 

・認知症の治療とこれからの相談について知りたい

 

・「認知症の人」という考え方を深めたい

 

スポンサーリンク

 

認知症への理解の始まり

 

「認知症っていう言葉は聞いたことあるけど・・・?」

という方はおられるのではないでしょうか。

 

かく言う私も、介護を勉強するまでは

「認知症?、あ〜〜〜?」

と言う感じでした。

 

認知症」と

成人になってから起こる認知機能の障害の為に、毎日の生活に支障を来す状態」です。

 

認知機能」というのは記憶・思考・理解・計算・学習・言語・判断

などのことを指します。

これら「認知機能」が障害されるという事により

毎日の生活に支障を来す」「日常生活や社会生活を送る事が困難になる

というのは、想像に難くないと思います。

 

2度目になりますが、かつては「痴呆」や「ボケ」と言われたりしました。

 

なぜ認知機能が障害されるのか、これは

脳細胞の死滅や活動の低下によるものである事

がわかってきています。

 

 

認知機能の障害が先天的にある、あるいは発育期に起こる場合には

知的障害」と現代社会では言われています。

これもかつては「精神発達遅滞」と言われていました。

 

認知症は「症候群」!?

geralt / Pixabay

 

認知症とは「病気の状態を示す総称」と言うものであり「病名ではありません

症候群」と言ったりするそうですね。

 

症候群」とは

ある病的状態の場合に同時に起る一群の症状を言うもので

 いずれも必ず起きるとは限らないけれど、同一の根本原因から発する者として

 一つの方向を示し、まとまった病状や疾病の本質に近づくための出発点

 となるものである

引用元:ブリタニカ国際大百科

 

つまり、「認知症」で

「認知障害の症状」「日常生活に支障を来す症状」が起こるのは

「様々な根本原因」があるからである

と言えると思います。

 

う〜ん、ややこしくてすいません。

 

原因疾患と中核症状と周辺症状

 

「認知症」で

根本の原因の病気を「原因疾患

認知機能の障害は「中核症状

日常生活に支障を来す症状は「行動・心理症状(BPSD)

なんて言ったりします。

 

行動・心理症状は、「BPSD」なんてよんだりします。

最近までは「周辺症状」と呼ばれてもいましたね。

 

 

認知症を引き起こす病気(原因疾患

認知機能障害(中核症状

日常生活の支障・生活上の障害(行動・心理症状

 

図で表すとこんな感じ!?

 

 

ある認知症の方の具体的な様子・・・

(みなさんこうなるというわけではありません。1つの例です)

 

  • 1. 「今日は何かありますか?」という事をつい先ほど聞いたことでも、何度も何度も

繰り返しに聞かれ、不安そうにされる。

 

  • 2. 「家に帰ります」と言われ、知っているはずの道に迷われてしまう。

 

  • 3.  料理が得意だった方が、作る料理の手順が分からなくなってしまい

イライラし、怒られる。

 

 中核症状  行動・心理症状
  • 1
「記憶障害」による

繰り返しの質問

不安な様子
  • 2
「見当識障害」による

場所の分からなさ

知っている道に迷い徘徊と

言われてしまう

  • 3
「実行機能障害」による

料理の手順が分からなくなってしまう

イライラから来る

暴言・暴力

 

私たちは、目に見えて表れる「心理・行動症状」の部分だけを見て、

認知症の人達を判断してしまいがちです。

奥の部分、「目に見えない部分にには中核症状・原因疾患がある

という事を念頭に置いておく必要」がありますね

 

 

 

WHO(世界保健機関)による認知症の定義では

脳疾患による症候群であり、通常は慢性あるいは進行性で

記憶・思考・見当識・理解・計算・学習能力・言語・判断を含む多数の

高次皮質機能障害を示す。意識の混濁はない。

認知障害は、通常、情動の統制、社会行動あるいは動機付けの低下を伴うが

場合によってはそれらが先行することもある。

 

間違いなく、これが一番ややこしい!!汗

 

スポンサーリンク

知っておきたい4大認知症

Pexels / Pixabay

認知症の原因となる病気は、研究者によって異なりますが、

50〜100種類前後」あるとも言われています。

 

また、脳の病気による一次的要因と

脳以外の身体的・精神的ストレスによる二次的要因があります。

 

二次的要因には、環境の変化や人間関係、不安、抑うつ、混乱、身体的苦痛などがあります。

そして、一時的要因には中でも代表的な4つの認知症がありあます。

それらは「4大認知症」と呼ばれています。

これが次の4つだ!

  1. アルツハイマー型認知症
  2. 脳血管性認知症
  3. レビー小体型認知症
  4. 前頭側頭葉型認知症

 

これが今までお伝えした「認知症」の「原因疾患」となるものの代表的な4つです。

発症例が多いとされる4つの認知症で全体の約9割を占めるとも言われています。

これらは「脳の病気」なんです。

 

認知症の症状は治るの?誰に相談すればいいの?

 

結果から申しますと

認知症を引き起こす原因によって「治るものと治らないものがある」です。

手術などによって症状改善、治るものとしては

  • 正常圧水頭症
  • 慢性硬膜下血腫

などが有名です。

 

ですが、先程紹介したような「4大認知症」には

根本的に治る治療法はないとされています。

現在では「発症を遅らせる」事や「認知症の進行を緩やかにする

という治療が一般的です。

 

しかし「認知症の治療」や「認知症予防」についても研究やデータの収集も進んでおり

前向きな情報も発表されてきています。

 

また、やはり「早期発見」というのがとても大切になってきます。

認知症の前段階とされる「軽度認知障害(MCI)

という診断もあります。

あれ?何かおかしいぞ」「いつもと違うな」と思えば

かかりつけ医への相談」「もの忘れ外来への受診

なども検討してみてはいかがでしょうか?

公共団体の「地域包括支援センター」への相談も

良い方法なのではないかと思います!

スポンサーリンク

認知症と私たち

Waldo93 / Pixabay

認知症は老化による「もの忘れ」とは違います。

認知症は誰もがかかる可能性のある「病気」です。

高齢になればなるほど、発症の危険も高まります。

身近な人、大切な人の事を忘れてしまう

怖く悲しい病気であるとも思います。

 

しかし2016年12月「約3,423万人」の高齢者の方の調査では

 

元気な高齢者の方・・・・・約80%

要支援・要介護の高齢者の方・・・・・約18%

サービス事業対象の高齢者の方・・・・・約2%

 

 

元気な65歳以上の方は沢山いてくださることが分かります。

2025年問題など心配される事はありますが、

ここからの「認知症への明るい未来」を作っていくのも

私たち日本に住む全ての人達であることは、間違いありません。

認知症への理解が1人のはじめの一歩

延いては日本の一歩に繋がるものとも思います。

 

 

「認知症」のことだけが問題ではありませんが、

これもまずは知る事が「肝心」です。

知っているからこそ「あー病気の人」とマイナスにイメージするのではなく

その違いを理解しているからこそ出来る

違う話しかけ方、違う寄り添い方ができるに違いありません。

 

  • 「認知症」の人

 

  •  認知症の「人」

 

 

学校で学ばせて頂いた言葉です。

 

「認知症」という病気を中心にみてしまうと、今まで生きてこられた

その方の人生観や、その人自身を見失ってしまう、かもしれません。

今のその人や、その人自身をきちんと理解する為にも

認知症への理解は、その一歩かもしれません。

 

 

介護士 健太

みんなが、より楽しく共に生きれる社会の実現を目指したいですね

 

 

今回の私のまとめ

・「痴呆症」から「認知症」へ

認知症ケアは大きく変わってきている

 

・認知症を知る事で、早期発見への準備と相談できる場所の重要性を知る

 

・認知症の理解は、ある人への本当の理解を得る一歩になるかもしれない

 

スポンサーリンク